Tahiti 80, Manceau @ 恵比寿Liquidroom Mon 22 May 2012

RSS
Compartir

22 May 2012, 14:49

Tue 22 May – Tahiti 80, Manceau
http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/05tahiti80/


Manceau】19:00-19:30 マンソーと読みます。
(french, indie, alternative, indie pop, similar to Concrete Knives, Bumpkin Island, The Last Morning, Da Brasilians, Kim Novak)
official http://www.manceau-music.com/
myspace http://www.myspace.com/manceau
facebook http://www.facebook.com/manceau.music
twitter https://twitter.com/manceau_music
youtube http://www.youtube.com/user/ManceauMovie
last.fm http://www.last.fm/music/Manceau

(memebers)
Julien: vocals, keys, acoustic guitar
Samuel: electric guitar, bass, trombone flute, backing vocals
François: drums, xylophone, flute, backing vocals
vincent: bass, keys, percussion, backing vocals

ギターやベースをメンバー間で曲毎に交換していたのがおもしろかった。
曲は、「グザヴィエ&ペドロ from Tahiti 80全面プロデュース!!名盤「Puzzle」のDNAを脈々と受け継ぐ、洗練されたメロディとモダンなサウンドが凝縮されたフレンチ・ポップス正統後継者」とあるとおりでしょう。日本盤がでちゃうなんて、今後レーベルも大プッシュしていくんでしょうか。頑張って下さいませ。



Julien: ジュリアンvocals, keys, acoustic guitar

Samuel: サミュエルelectric guitar, bass, trombone flute, backing vocals

François: フランソワdrums, xylophone, flute, backing vocals

vincent: ビンセント(フランス語読みだとバンサンかもね)bass, keys, percussion, backing vocals

CD買ったら、隣にJulienとFrançoisがいて流れ作業的にサインが書いてあるフライヤーを手渡ししてくれました。ついでに握手もしていただきました。


フランス語でのインタヴュー(写真があります) http://agorafrog.wordpress.com/2012/05/14/interview-manceau/

Tahiti 80】20:00-21:20
(France, since 1993, french, pop, alternative, similar to Axe Riverboy, Sore, White Shoes & the Couples, Maliq & D'essentials, Adhitia Sofyan)
official http://www.tahiti80.com/
myspace http://www.myspace.com/tahiti80
facebook http://www.facebook.com/pages/tahiti-80/47875501614
http://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%82%BF%E3%83%92%E3%83%8180/175088469210661
twitter https://twitter.com/#!/wearetahiti80
last.fm http://www.last.fm/music/Tahiti+80
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Tahiti_80
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%92%E3%83%8180

(members)
Xavier Boyer: グザヴィエ・ボワイエvocals, guitars, bass, keyboards, piano
Médéric Gontier:メデリック・ゴンティエ guitar, vocals, keyboards
Sylvain Marchand: シルヴァン・マルシャンdrums/percussion, keyboards, piano
Pedro Resende: ペドロ・ルスンドbass, programming, keyboards, percussion, vocals

Raphaël Léger: Drums, Percussion, Keyboards, vocals
Julien Barbagallo: Drums, Percussion, Keyboards, vocals

(setlist)
01 Here Comes...
02 All Around
03 Get Yourself Together
04 Escalator
05 Mr & Mrs Jones ←New Song!
06 GATE 33
07 Antonelli
08 Big Day
09 1,000 Times
10 SOLITARY BIZNESS
11 DARLIN' (Adam & Eve song)
12 Easy
13 Made First (Never Forget)
14 DEFENDER
15 Crack Up
----encore----
16 Something About You Girl
17 Chinatown
18 Unpredictable
19 Heartbeat
http://www.setlist.fm/setlist/tahiti-80/2012/liquidroom-tokyo-japan-3bdf84c8.html


一度は、見ておこうと思って行ってまいりました。日本でおそらく最初に大多数の人に認識されたのは、"changes"の曲がマスメディアでヘビロテされた頃でしょう。日本ファンとしては、一番有名なchangesをやって欲しい所で観客からも「チェンジズ!」という声が掛かっていましたが、今回は、チェンジズはありませんでした。彼らにとっては、日本だけのヒットという感覚すらないのかもしれません。

フランス人が英語で歌うのって抵抗があるのでしょうか。世界で著名なバンドになる為には英語で歌うことが望まれるので、戦力的なものなのか、とてもプライドが高いお国柄なので少し気になるところではあります。Xavier Boyerは、英語でしゃべっていましたが、Pedro Resendeはフランス語の方が話しやすいようで、ほとんどフランス語でした。この人、とても面白くて、パンダのかぶり物と手袋をはめたり、Xavierからの突っ込みにぼけていたり、見ているだけであきませんでした。

ステージ後ろの白いスクリーンは、SOLITARY BIZNESS、DARLIN'、Easyの3曲だけで使います。1,000 Timesが終わるとXavierがスタッフを読んでスクリーンの様子を確かめるのですが、スイッチが入りません。「次の曲は映像が必要なんだ。曲に合わせて口が動いたりするんだよね。リモコン動かないの?電池きちんとはいっている?日本製?いや中国製かな?」などと皮肉を言うXavier。最後にはきちんと映像が映ってめでたしとあいなりました。



Xavier Boyer: グザヴィエ・ボワイエvocals, guitars, bass, keyboards, piano

Médéric Gontier:メデリック・ゴンティエ guitar, vocals, keyboards

Sylvain Marchand: シルヴァン・マルシャンdrums/percussion, keyboards, piano

Pedro Resende: ペドロ・ルスンドbass, programming, keyboards, percussion, vocals



http://www.flickr.com/photos/33529653@N03/sets/72157629849143832/

Comentarios

Dejar un comentario. Entra en Last.fm o regístrate (es gratis).